11月の東京、大阪の原画展にお越し下さった皆様有難うございました。

今回もとても和やかな雰囲気の中、楽しいトークショウやサイン会が行われました。

(画像の左が東京会場の入り口の看板、右が大阪会場入り口のパネルです)

 

 

新作は美夕より版画「欄佳」、「桂」、

薬師寺涼子の怪奇事件簿よりジークレー「魔天楼」の3点で、

「欄佳」と「桂」は円と楕円のレイアウトで描かれ

アートコレクションハウス社がイメージに合わせて

額装をデザインし製作しためずらしい雰囲気の作品です。

 

「魔天楼」は涼子のストールの金色模様部分に金版、

背景にネオンピンクの版を足す形で重ねて製作され、

原画の色の再現度に加え、更にジークレーならではの

オリジナルの豪華さもある作品です。

 

会場では薬師寺涼子の新装版の単行本も特別販売されました。

 

 

ギャラリーでは特別オリジナルグッズも販売されました。

また閲覧コーナーでは薬師寺涼子新装版の表紙、口絵ピンナップの他に

普段見る機会の少ない製作時のラフ絵も同時展示されて好評でした。

 

 

トークショウの後は今年5月から企画されたじゃんけん大会

全員参加で会場が沸きました。

お客様から特別にレアアイテムの差し入れをいただき、

更に大盛り上がりでした。